まつ毛の長さで表情の印象が変わる!魅力的な目力を手に入れる方法

目は口ほどにモノを言う・・・
こんな慣用句があるくらい目が表情や人から見た時の印象を大きく左右する『魅力の武器』になりますよね。

まつ毛 表情

マスカラやアイライナー、逆に他の部位を浮き上がらせるようなメイクテクニック・・・
目の印象力を上げるための方法はたくさんの種類があります。

 

目の印象力をあげる方法では・・・

  • メイクテクニック
  • まつ毛
  • 二重まぶた・・・

などいろいろな方法があります。その中でも手軽なものがメイクテクニックですが、
なかなか毎日の生活の中では毎朝のメイクにそこまでこだわるのは時間や手間も大変ですし、
そもそも、得意・不得意がありますから、誰もがメークアップアーティストのようなわけには行きませんよね。

 

そこで、やはり目力をあげるにはまつ毛を魅力的な長さやカールに仕上げるのが大切になってきます。
ですが、もともとまつ毛に自信がない方は、マツエクを使ったり、まつ毛美容液を使ったりといろいろな方法があります。

 

ですがマツエクはなかなかお手入れが面倒で、ビューラーのいうことを聞いてくれなかったり、不自然さが出てしまったりする場合もあります。
そうなると、やはりまつ毛美容液で自前のまつ毛を魅力的に育てて行くというのが時間が多少かかったとしても最終的にメリットが大きな方法になると判断される方も多いのは納得です。

 

二重まぶたを作る方法もあるけど・・・

以前、二重まぶたにする整形手術がすごく流行りましたよね。

 

現在では芸能人でさえ“隠れ整形二重”がいるくらいという事で、先日マツコさんが「月曜から夜ふかし」で発言して翌日のライブドアニュースで一面扱いの話題になってました。
でも、そんな二重まぶたですけど、それと同じくらい顔の表情の印象を左右するのが“キレイにカールした長いまつ毛”です。

 

目が大きく見えるとかいろいろな要素がありますけど、まつ毛がしっかりキレイになっているだけで、ずいぶんと表情の印象が変わるものです。
そんな事は今さら言われるまでもないかも知れませんけど、わたし達女性にとってどうしてもまつ毛をちゃんとカールしたキレイな形にするためにビューラーを使ったり、マツエクを使ったりしてもともとの自前のまつ毛に負担をかけているのも事実です。

 

最近では、男性も“まつ毛で変わる表情の印象”の効果が大きい事に気が付いて(わたし達女にとっては当たり前ですけどね)マツエクやビューラーを使う男子も増えて来ています。
でも、まつ毛に負担をかけてしまっている事は、ビューラーを使っても、マツエクを使っても同じことなので、やっぱり大切なのは“自前のまつ毛を美しく育てること”です。

 

芸能人では、中村昌也さんがマツエクを使っている事で有名ですけど、もっと早くからまつ毛の表情の印象に与える影響の大きさに気づいていた女性としては、やっぱりまつ毛美容液やまつ毛育毛剤でキレイなまつ毛を育てていきたいですね。
ですが、まつ毛をキレイに育てると言っても、これには種類があるようです。
というのも、本数を増やすのか、それとも太くてコシとハリがあり抜けにくいまつ毛を育てていくのか、そして長いまつ毛を育てていくのかの3種類です。

 

そんな選択肢がある中でも、リバイタラッシュアドバンスは、もともと抗がん剤治療をしていた奥さんのために、
マイケル・ブリケンフォフというアメリカの化粧品研究の博士がまつ毛が抜けにくくコシとハリがある状態に育っていくような成分の研究の結果たどり着いた結論なんだそうです。

 

彼の奥さんは乳がんのステージ2の患者だったそうで、毎日の生活の中で痛みと闘いながら、
まつ毛や髪の毛が抗がん剤の副作用で抜けていくのがつらく、そんな奥さんを見ていられないと思ったマイケル・ブリケンフォフ博士が開発したのがリバイタラッシュだったですね。

 

そんな経緯で誕生したリバイタラッシュがさらにオーガニックで安心出来る成分で効果はそのままに安全性を高めたのがリバイタラッシュ・アドバンスとの事です。

 

なのでマスカラやまつ毛エクステ、メイク落としのクレンジングなどで負担が掛かって抜けやすく、細いまつ毛しか生えて来ないと悩んでいる女性におすすめ出来るのがリバイタラッシュ・アドバンスなんですね。

このページの先頭へ戻る